SPPD仮想Windowsデスクトップ

SPPD仮想Windowsデスクトップ

ネット上のWinパソコンです!

 

これからの時代24時間PCを稼働させる機会が出てくるはずです。
人によっては、メール配信にソフトを使う場合や、
アクセスアップのソフトだとか
@LISTなども、できれば常時動かしておきたい。

 

自宅のパソコンを使うのは簡単ですが、
見えないコストが掛かります。

 

例えば電気代。
パソコンや使用状況によって違いますが、ざっくりと1時間で2円。
24時間動かすと、48円。
30日で、1440円。
デスクトップパソコンなどになると、本体の他にモニターなども別にかかります。
普段使っているパソコンの他に、前に使っていたPCを利用してやろうなんて
考えると、電気料金は単純に2倍に。

 

更には動かしっぱなしによる、機械的な故障リスク。
突然の停電なども心配です。
さらに、原発の関係で電気代が10%上がると言われていますし。

 

そう考えると、仮想Windowsサービスの利用は高いものではないでしょう。

 

 

また、ネットに繋がるパソコンがあればどこからでも
自分の仮想パソコンを使えますので、
旅行先でも、出張先でも、友人のパソコンでも、ネットカフェからだって
仕事が出来てしまいます。
実は、スマホやipadからも操作出来てしまうんですよ!

 

↓↓↓